マンションの内覧会がひどい?よくある不具合やチェックすべきポイントを解説

 

新築マンションの購入は、人生の中で最も大きな投資の一つです。そのため、内覧会は非常に重要なステップとなります。しかし、内覧会でひどい不具合が見つかることも少なくありません。本記事では、マンションの内覧会で見つかることの多い不具合やチェックすべきポイントについて詳しく解説します。

建築士資格保有者が無料で内覧会に同行いたします

新築マンションの内覧会に不安を感じていませんか?

専門知識がないと見落としがちなポイントも多く、後々のトラブルが心配ですよね。

ライフタイムサポートの無料内覧会同行サービスでは、経験豊富な建築士資格保有者があなたと一緒に内覧会に同行し、200以上の検査項目を徹底的にチェックします。

マンション内覧は不具合をチェックできる最後のチャンス

マンション内覧会は、購入者が実際に物件を確認し、不具合や問題点を発見するための最後のチャンスです。内覧会の主な目的は、物件が契約通りに完成しているか、生活に支障をきたすような問題がないかを確認することです。この重要な機会を活用することで、後々のトラブルを未然に防ぎ、安心して新生活をスタートすることができます。

 

 

ひどい!新築マンション内覧会で実際に見つかった不具合

内覧会では、多くの購入者が期待に胸を膨らませて新居を訪れますが、実際にはひどい不具合が見つかることもあります。これらの不具合は、見落とすと生活に大きな影響を与える可能性があります。以下に、実際に内覧会で見つかった代表的な不具合を紹介します。

 

 

ドアの反り

新築マンションでも、ドアの反りが見つかることがあります。これは製造過程や取り付け時のミスが原因で、ドアの閉まりが悪くなることがあります。内覧会では、ドアの開閉がスムーズに行えるか、異常がないかを確認することが重要です。

 

参考:https://x.gd/vWsjB

 

ドアノブの不良

ドアノブが緩んでいる、または正しく機能しない場合もあります。ドアノブがしっかり固定されているか、正常に動作するかを内覧会で確認し、必要なら調整や交換を依頼しましょう。

 

参考:https://x.gd/vWsjB

 

収納内のダボ破損

収納スペースの棚を支えるダボが破損していることがあります。これは棚板が落下する原因となり危険です。内覧会では、全てのダボが正常に機能しているか確認し、破損があれば修繕を依頼します。

 

参考:https://x.gd/vWsjB

 

キッチンの水平が取れていない

キッチンのカウンターやシンクが水平でない場合、使用時に不便を感じることがあります。内覧会では水平器を使用してカウンターやシンクの水平を確認し、必要に応じて修正を依頼することが重要です。

 

参考:https://x.gd/vWsjB

 

シート材の剝がれ

床や壁のシート材が剝がれている場合があります。シート材の剝がれは見た目が悪く、放置するとさらに剝がれが広がる可能性があります。内覧会でシート材の状態を確認し、剝がれている部分があれば即座に修繕を依頼しましょう。

 

参考:https://x.gd/vWsjB

 

天井高が違う

設計図と異なる天井高が見つかることがあります。天井高は生活の快適さに影響するため、内覧会で設計図と比較しながら確認し、違いがあれば報告して修正を依頼します。

 

参考:https://x.gd/vWsjB

 

収納扉のズレ

収納扉が正しく閉まらない、またはずれている場合があります。収納扉のズレは日常の使い勝手に影響するため、内覧会で扉の開閉がスムーズに行えるか確認し、必要に応じて修繕を依頼しましょう。

 

参考:https://x.gd/vWsjB

 

新聞受けの設備不良

マンションの新聞受けが破損している、または機能していないことがあります。郵便物の受け取りに支障をきたすため、内覧会で新聞受けの設備を確認し、問題があれば修繕を依頼します。

 

参考:https://x.gd/vWsjB

 

 

マンション内覧会のひどい体験談・トラブル事例

新築マンションの内覧会では、期待と不安が入り混じることが多いです。しかし、実際に多くの購入者がひどい体験をしていることも事実です。ここでは、内覧会で起こったトラブル事例を紹介し、それぞれのケースでどのように対応したかを解説します。

 

発注した図面・仕様と相違する点がある

「新築マンションの内覧会でリビングの窓の位置が図面と違っているのを発見しました。特に日当たりを重視して購入を決めたので、これは大問題です。担当者に確認すると、設計変更があったとのこと。しかし、私はその連絡を受けていませんでした。粘り強く交渉し、最終的には窓の位置を修正してもらうことができました。」やはり、契約時の図面と現実の違いを内覧会でしっかりと確認することが大切です。

 

施工が雑で納得して引渡しを受けられない

「内覧会で部屋を見たとき、壁紙の継ぎ目がずれていたり、床に目立つ傷がついていたりと、施工が非常に雑でした。これでは納得して引渡しを受けることができません。すぐに担当者にその場で指摘し、全ての不具合をリストアップしました。修繕が完了するまで引渡しを延期してもらい、再度の内覧会で全てが修正されていることを確認してから、引渡しを受けることにしました。」

 

結果として、入居前に不具合を手直ししてもらうことはできましたが、指摘箇所や手直し箇所が多いと、予定していた引渡し日を延期せざるを得ない事例もあります。

 

施工ミスを指摘したら建築会社が不機嫌になった

「内覧会でキッチンの排水管が設計図と異なっているのを指摘したところ、建築会社の担当者が不機嫌になりました。初めはどうしようかと悩みましたが、引き下がるわけにはいかないので、具体的にどこがどう違うのかを詳しく説明しました。上司に掛け合ってもらうことで、最終的には修繕が行われることになり、無事に引渡しを受けることができました。購入者としての権利をしっかり主張することが重要です。」

 

このような場合は特に、第三者である専門業者に同行してもらうことでスムーズに事が進むため依頼するのがおすすめです。

 

 

もしマンションの内覧会で不具合が見つかったら?

内覧会で不具合が見つかることは珍しくありません。問題が発覚した場合には、冷静に対応することが求められます。以下では、内覧会で不具合が見つかった際の具体的な対応方法について解説します。

 

不具合の箇所をリスト化

内覧会で不具合を発見した場合、まずはその箇所をリスト化することが重要です。具体的には、不具合の場所、内容、状況を詳細に記録し、写真を撮ることも推奨されます。このリストは、後で業者に修繕を依頼する際に非常に役立ちます。不具合を見逃さないためには、リストを作成し、内覧会の最中に逐一記録していくことがポイントです。

 

業者に補修内容を確認

不具合をリスト化した後は、業者に補修内容を具体的に確認します。どの箇所にどのような修繕が必要か、どれくらいの期間がかかるかなどを詳細に聞きましょう。可能であれば、補修内容やスケジュールを文書で受け取ると安心です。これにより、業者とのコミュニケーションが円滑になり、後々のトラブルを防ぐことができます。

 

補修を実施

業者に補修を依頼し、修繕作業を実施してもらいます。補修が行われる際には、できる限り立ち会って進捗を確認することをお勧めします。立ち会うことで、再度の不具合を防ぎ、修繕が適切に行われているかを確認できます。業者との信頼関係を築くためにも、積極的にコミュニケーションを取ることが大切です。

 

補修後はリストをもとに確認

補修が完了したら、最初に作成した不具合リストをもとに再度チェックします。全ての不具合が確実に修繕されているか、細かく確認しましょう。補修が行われた箇所を中心に、実際に使用して問題がないかを確認します。例えば、ドアの開閉やキッチンの水回りの動作確認など、実際に使用してチェックすることが重要です。また、見落としがないように、リストに沿って丁寧に確認することが大切です。

 

納得できない場合は再度補修も

補修結果に納得できない場合は、再度業者に補修を依頼することが可能です。納得のいく状態になるまで何度でも確認し、修繕を依頼しましょう。しっかりと交渉し、満足のいく状態にすることが重要です。納得できない点がある場合は、その場で業者に説明し、具体的な対応策を提案してもらうことが大切です。業者とのコミュニケーションをしっかりと取ることで、信頼関係を築き、スムーズな補修が期待できます。

 

 

 

失敗しないためにはマンション内覧会同行サービスの活用がおすすめ

内覧会同行サービスとは、内覧会に専門家が同行し、物件のチェックをサポートしてくれるサービスです。自分自身で内覧会を行う際と比べて、以下のような違いやメリットがあります。

 

専門的な知識を持つプロがチェック

専門家は建築に関する深い知識と豊富な経験を持っているため、一般の購入者では見落としがちな不具合を的確に発見できます。プロの目線でチェックすることで、細部まで確認が行き届き、不安を減らすことができます。

 

安心して内覧会に臨める

内覧会同行サービスを利用することで、チェック漏れや不安を減らし、安心して内覧会を進めることができます。専門家のサポートがあることで、購入者はリラックスして内覧会に集中できます。

 

トラブル発生時のサポート

不具合が見つかった場合、専門家がその場で適切な対応策を提案し、業者との交渉をサポートしてくれるため、スムーズに問題解決ができます。専門家の存在は、業者とのコミュニケーションを円滑にし、解決までの時間を短縮します。

 

建築士資格保有者が無料で内覧会に同行いたします

新築マンションの内覧会に不安を感じていませんか?

専門知識がないと見落としがちなポイントも多く、後々のトラブルが心配ですよね。

ライフタイムサポートの無料内覧会同行サービスでは、経験豊富な建築士資格保有者があなたと一緒に内覧会に同行し、200以上の検査項目を徹底的にチェックします。


 

マンション内覧会同行サービスを活用してトラブルを防ごう

マンションの内覧会は、新居の品質を確認し、安心して入居するための重要なステップです。内覧会同行サービスを活用することで、専門家の目線で細部までチェックしてもらえ、安心して新生活を迎えることができます。

 

特に、ライフタイムサポートの無料内覧会同行サービスは、相場約6万円のサービスを無料で受けられるため、費用を抑えながら専門的なサポートを受けられる大きなメリットがあります。ライフタイムサポートでは、マンションオプション施工を依頼することで、無料で内覧会同行サービスを提供しています。このサービスを利用すれば、内覧会での不具合発見や修繕依頼がスムーズに行え、購入者は安心して新居を迎えることができます。

 

新築マンションの購入を検討している方は、ぜひ内覧会同行サービスを活用して、快適な新居を手に入れてください。専門家のサポートを受けることで、内覧会の不安を減らし、トラブルを未然に防ぐことができます。マンション購入という大きな投資を成功させるためにも、内覧会同行サービスの利用を積極的に検討してみましょう。

 

建築士資格保有者が無料で内覧会に同行いたします

新築マンションの内覧会に不安を感じていませんか?

専門知識がないと見落としがちなポイントも多く、後々のトラブルが心配ですよね。

ライフタイムサポートの無料内覧会同行サービスでは、経験豊富な建築士資格保有者があなたと一緒に内覧会に同行し、200以上の検査項目を徹底的にチェックします。


 

各種お問い合わせ

ご新居のことでお悩みでしたら、ぜひお気軽にご相談ください。
お見積り、お問い合わせは無料で受け付けております。